メモ:2007年01月

2007年01月24日 日記モード

電車で見かけた人の携帯電話に、 周りから画面が見られないようにフィルムが貼ってあった。

それ自体は何でもない。 問題はそのフィルムの模様が可愛い女の子っぽい絵柄だったこと。

気になって仕方がない。 その模様は見せられて、 なおかつ見られたくないものがあるのか。 そうなのか。

まぁ単純に絵柄に惹かれたというのもあるんだけど。

2007年01月23日

1番線と2番線の発車メロディが両方鳴った。 調の違う同じメロディが、 2拍ほどずれて鳴った。 恐ろしいほどの不協和音。

というわけで、 頭が痛くなってしばらく更新できませんでした。

2007年01月04日

半年前の記事だけど、 気になったのでちょっとメモ。

宮本 ゲーム産業を例えると「大きな村」なんです。しかも、その村の中心、ゲーム産業のいちばん元気があるところにいたら、外の世界がなかなか見えなくなってしまう。中心にいたらチヤホヤされたりするし、すぐ周りには熱狂的な人もいるし。 でも、数年前から任天堂が「中心から少し外れましたよね」って世間から言われるようになって…。でも、そのことは逆にゲームマーケットそのものが、実は世の中からずれてきているということに、早く気づくチャンスにもなったわけです。

─ なるほど。端っこに行かないと全体の世界は見渡せないですからね。

宮本茂 時雨殿で Wiiを語る。

真ん中に立って全体を見るには意識的に見回さなきゃいけない。 しかし外側に行けば全体が見えやすいし、 見る余裕もできる、 と……。