メモ:2006年02月

2006年02月27日

どうやら、しばらく DS Lite は手に入りそうにないようで……。

2006年02月27日

無邪気な侵略者。 あげられている本は読んでいないけど、 見習いプログラマとしては辛い事実である。 わざわざ自分で作らなくてもいいじゃん、 ということなのだ。 それでも作るけどね。 とりあえずブラウザ判別スクリプトをあげてみる。

2006年02月17日

いまだにDSは家族の共有物状態。 今度はえいご漬けである。

来月にはLiteが出るし、 しまいにはOperaにテレビ受信機ですかい。 この路線って、 ソニーが「某携帯機型マルチメディアマシン」で広めようとしてたんじゃ……。 まぁ、 昔からいろいろ実験してきたことが今につながってるんだろうけど。

しかし、 肝心の本体が足りないのが残念だ。 ゲーム売り場で何組もの親子連れが交わす「DSは?」「売り切れだって」という会話を聞いているとこっちまで辛くなってくる。

2006年02月12日

東京メトロの出入り口案内が面白い。 最近流行しているAjaxなマップだが、 何が面白いかというと、 拡大・縮小の言い回し。

「今の表示エリアが青線の範囲になるように拡大します」「今の表示エリアが赤線の範囲になるように縮小します」……ひとつの言い回しで拡大と縮小を両方表現できてしまっている。 イッツダブルミーニング。 マジカルフレーズ二つの意味。

「範囲になるように」という言葉が、 拡大のときは「範囲を写すように」、 縮小のときは「範囲におさまるように」を意味しているんだろう。 面白いが、 まぎらわしい。

書き換えるなら「青線の範囲を写すように拡大します」「今の表示エリアを赤線の範囲に収めるように縮小します」か。

2006年02月10日

一段落。

2006年02月06日

YMCKのCDがiNSIDEの掲示板で勧められてた。

視聴してみた。 ……速攻で買ってきた。 この前某Bダッシュを叩こうとした気がするが、 これはいい 8-bit Pop ですね。

たぶん、 半音の使い方が自分の趣味にヒットしてるんだと思う。

2006年02月05日 きのうのこと

つまり、 物理的・法的に拘束される身体から離れた別人格があるといろいろ便利なんじゃないか、 と思ったのかな?

2006年02月04日 なんとなく思いついた言葉

久しぶりに変なものが頭に浮かんだ。

「匿名エイリアス」「匿名インタフェース」 ……なんだろうこれ。 検索しても出てこないが、 なんとか説明をでっち上げてみよう。

情報を受け渡しするためにある人へアクセスする手段はいくつもある。 直接会ったり、 電話をかけたり、 メールを送ったり、 ウェブサイトを見たり。

でも、 ある人へのインタフェースを並べて外から見たときに、 すべて同じ人につながっている、 と分かるとは限らない。 誰かにつながってることは確定してるんだけど、 それが誰なのか分からないようなものもある。

たとえば選挙。 投票用紙は誰かの意見を伝えるもので、 ひとつひとつ区別できるけど、 それが誰のなのかは判別できない(押収して筆跡鑑定すれば判別可能だけど……)。

知り合いにばれるような情報を出さない個人サイトもそれだ。 誰にもばれないってのはかなり難しいけど。

このようなものを、 匿名インタフェースと呼んでみる。 別人格、 みたいなものかな。

だから何だと言われると……、 やおいですな

2006年02月03日

うあー、 何とかリアル事情は山場を切り抜けた。

忙しいときでもいろいろ書きたいことは浮かんでくるんだけど、 頭の中を通り過ぎていってしまう。 よし、 ネタがないときは新着ブックマーク紹介だ。

Practical Scheme:翻訳文書が面白い。 これが本物のハッカーか……。 あと、 スパムフィルタを使いたい。 Thunderbirdのフィルタは日本語SPAMを見逃しがち。 「人妻」とか「セレブ女性」とか要らないんだよ!